「お勉強」を廃止しました。

みなさん、この休校期間中の学校のお勉強、どんな風に進めていますか?


学校の先生とのオンライン授業を楽しんでいる子供達もいるかもしれませんが、

うまく進んでいないご家庭も多いのではないでしょうか。


他のおうちはどんな風にやっているのかな。

みんなすごい勉強してるのかな。うちはこれでいいのかな。

と、気になってしまったりもしますよね。


我が家も実はなかなか大変でした。

学校側から送られてくる教材の多さにストレスやプレッシャーを感じるし、

家で勉強する事に慣れていない娘は、

「さあ、お勉強やろー!」と言っても「ヤダよ〜」と返ってくる始末。


こういう時こそお母さんの軸を大切にしなければと思い、考えました。


  • このコロナ休講期間をどんな期間にしたいか。

  • 自分が今、子供に戻ったとしたらどんな風に過ごしたいか。

  • 未来を見つめた上で今この期間をどう過ごすべきか。

  • そして学校のお勉強をどう進めていくか。


これらが自分の中ではっきりとしたら、

非常に楽しく、そして自信を持ってこの期間を楽しめるようになりました。


今日は1つ、勉強に関して良い効果をもたらしたことを紹介させてください。


めちゃくちゃ簡単なことなのですが…


=================

「勉強」と呼ぶのを辞めました!笑

=================


「は?」と思うかもしれませんが、我が家ではこれが効果絶大。


「お勉強タイムだよー!」と言っていたのを、

「ママとFUNタイムしよー!」に変えたんです。


そしたらですね、

「イエーーーイ!」といって駆け寄って来るようになったんです。


これは長女と一緒に考えました。

「お勉強」って言葉だと何かワクワクしないよね?

楽しそうな言葉に代えちゃおうか!?と。

で、娘から出てきたのがこのネーミング。


言葉の力ってすごいなって思います。


しかも私自身も「FUNタイム」と言ったからには楽しもうという気持ちになり、

今まで「何でこんなこともわかんないんだよーーー!!!怒」

とイラついて表情に出てしまっていたのが、ほとんどなくなりました。

(まだ隠し切れてないかもしれませんが。笑)


「お勉強」という言葉をワクワクする言葉に変換する、

良かったらぜひやってみてください♩

147回の閲覧

Get in Touch

初めての方は初回のワークショップや講座を無料でご参加いただけます。ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

 

また、ご質問やご不明な点、不安な点がございましたらどんな些細なことでもぜひお気軽にお問い合わせください。

​プライベートセッションのお申し込みもこちらからどうぞ。

© 2018 Mother's Journey Chie Maekawa