私のMother’s Story

最終更新: 2019年1月8日

Mother's Story第1回目の著者:ノムラ サユリさん

男の子3名(9才、7才、3才)

*****

私には、3人の息子がいます。 9歳、7歳、3歳。それぞれが食べ盛り、伸び盛りで、毎日賑やかに、慌ただしく過ごしています。


長男がお腹にいたころを入れると、私の子育て期間はおよそ10年になります。 横浜で初めての育児に奮闘していたころは、周りの友人や環境にも助けられ、楽しく、それなりにこなすことが出来ていたと思います。 長男が2歳半、次男が生後半年になって、私たちは夫の仕事に伴い渡米しました。 それからが、私にとって、子育ての試練の始まりでした。 子どものお世話に暮れる毎日は、うまくいかなくて、思うように出来なくて、何度泣いたかわかりません。 思うように頼れる人もおらず、時差が気になって友人との連絡も遠のき、ストレスは溜め込むばかり。途方にくれることも、何度もありました。


そんな私を救ってくれたもの、それは、育児書や、ネットの情報ではなくて、実際に出会う「人」そのものでした。そして、出会った人にかけてもらったあたたかい「言葉」。 私は、出会えて心から幸運だと思いました。そして、話す、という事はとても大切な事なんだと学びました。 かけてもらったあたたかい言葉に、一気に涙が溢れて言葉を失う経験と、そこから広がる安堵感。 気負っていた力が抜けて(すぐに問題の解決はされていなくても)大丈夫なんだと力づけられました。


私は、これが一番最良だろうと考えて、子どもにあれこれと接する。 でも、私と違う「人」は、また違うアプローチを教えてくれる。 それは私が気づかなかった事に溢れていて、子どもは色んな人から、沢山のことを学んで育つ。 あぁ、育児って、1人では出来ないものなんだなと実感する瞬間です。それがどれだけ有難いことなのか…。 うまくいかない事は今も色々あるけれど、これもきっと何とかなると希望を持てているのは、そんな色んな「支え」を感じられているからだと思います。


ちえさんのMother’s journey との出会い。これはまさに一期一会。 子育てについて話し合える貴重な時間と、改めて、我が子と、自分と向き合うとても良いタイミングでした。 私のこれまでのストーリーも、また誰かの少しのヒントに、クスッと笑えるひと時になればいいなと思います。


52回の閲覧

Get in Touch

初めての方は初回のワークショップや講座を無料でご参加いただけます。ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

 

また、ご質問やご不明な点、不安な点がございましたらどんな些細なことでもぜひお気軽にお問い合わせください。

​プライベートセッションのお申し込みもこちらからどうぞ。

© 2018 Mother's Journey Chie Maekawa