第3回Mother's Cafeを開催しました!

今回は言語博士である照屋秀子さんをお迎えしてバイリンガル教育について学びました。

お母さんたちはとにかく興味津々!参加者のお母さんたちとそのご家族は、アメリカにこれから先も住む予定の方が多かったため、英語に染まっていく環境の中で日本語の習得をいかにしていくか、というところに終始フォーカスが当てられました。


まず始めに秀子さんが断言したのが、バイリンガルに子どもを育てるのは重労働!そして「日本語も英語もどちらもバイリンガル」は不可能、という事でした。アメリカに住んでるし、お母さんは日本語で子どもたちに話すから自然とバイリンガル~♩なんてのんきな事は言っていられないということでした。冒頭からびしっと気を引きしめられました。


「アメリカで暮らし現地校に通う以上、母国語は英語になる!」

意外だったのが、親の話す言葉よりも学校での言葉が優位になるという事でした。これはまず押さえなければならない大切なポイントだなと感じました。秀子さんによると、100%英語を話すモノリンガルの子たちと比べるともちろん習得ペースは緩やかなものの、アメリカ生活を続け現地校に通い続ければ16才くらいまでに彼らと同じレベルの英語力が身に付くという事でした。