第6回Mother's Cafeを開催しました!

2019年5月のMother’s Cafeはちょっと雰囲気を変え、「お母さんの為のカメラ講座」というテーマで開催しました。違う角度からも「子育てを楽しむ」にアプローチしてみたいなと思いまして♩講師を務めてくれたのはMother’s Journeyのホームページの写真を撮ってくれているMariko Gibsonさん。

まずはカメラの三大設定を学びました。始めはとにかくチンプンカンプン。専門用語につまずいていましたが丁寧に教えてもらいながら少しずつフムフムとポイントを掴んできました。そしてこの三大設定を学ぶ中で動き回る子どもでもブレない方法や、ぼかしを効かす方法、明るさの調整の仕方を習得する事ができました。

また、AUTOや携帯で撮る時のポイントも教えてもらい、これもとっても面白かったです。印象に残っているのは「主題をはっきりさせる」というポイント。何となく「いいな!」と思ったものを撮るのではなく、「いいな!」と思うものをもっと絞り込む。例えば子どもたちがお水で遊んでいるシーンなら、「子どもの顔に水しぶきがかかる瞬間の表情が素敵だからそこを押さえよう!」というような気持ちが大切とおっしゃっていました。この意識が写真に現れるんだなーと思うと感動を覚えました。

また、「目線の先にあるものを意識する」というポイントも「なるほどな~」と思わず声が出ました。何を見ているのか、その視線の先のものを写真に納める事はできなくとも、視線の先に含みを持たせる事によって表情がより豊かに映しだされるし、作品として素敵ということですよね。これも目から鱗でした。写真て面白いですね~

また、もう1つ印象に残っているのは「それは記録写真ね」というMarikoさんからポロッと出た一言。「記録写真」と「魅せる写真」の区別があるという事ですね。どちらも必要ですが後者の写真の腕を上げて子どもたちのカッコいい姿をたくさん残していきたいなと思いました!

Marikoさん、みなさん、今回も楽しい時間をありがとうございました。

21回の閲覧

Get in Touch

初めての方は初回のワークショップや講座を無料でご参加いただけます。ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

 

また、ご質問やご不明な点、不安な点がございましたらどんな些細なことでもぜひお気軽にお問い合わせください。

​プライベートセッションのお申し込みもこちらからどうぞ。

© 2018 Mother's Journey Chie Maekawa